自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

無視される人

無視する側というのは、 無視が有効であると判断したときに無視します。 無視される人というのは 無視されても何も言えない人が多いです。 何が原因で相手が不機嫌なんだろう?と悶々と 考えさせられるはめになります。 その「考える」という時間こそが無視…

無視されたときのダメージ

無視、というのは 直接的な暴言を吐かれているのと同じくらいの 精神的ダメージが加わります。 無視くらいなんだ?こっちも無視しかえせばいいじゃない! と返せる人ならばよいのですが、 無視というのは思っている以上に人格否定をなされているように 感じ…

無視はこどもっぽさを表す

ところで、 自己愛性障害者は無視という方法をよく使うのですが、 普通の人は無視は使いません。 職場でも同様です。円滑なコミュニケーションができなくても、 無視という態度をとるまでに至るには、 確実に「無視をしている相手」に原因があります。 無視…

ハネムーン期、という言葉への抵抗感

ハネムーン期という言葉があります。 暴力などが一時的に落ち着いて、 優しくなったりする時期のことです。 これは、「身体的DV加害者」に関わらず、 自己愛性人格障害者にも同じことがいえます。 なぜなら、自己愛性人格障害者=DV加害者だからです。 自己…

合理化の方法

防衛機制で、合理化という 都合のいい防衛機制があります (だいたい防衛機制は自分に 都合のいいものばかりなのですが)。 有名なのは高い木の枝になっている実が どうしてもとれなくて、 そのとれない悔しさや悲しみを和らげるために 「どうせ、あの実は苦…

自己愛性人格障害者を許す必要はどこにもない

自己愛性人格障害者のやり口というのは 非常に卑劣です。 本人は卑劣どころか正義の裁きだと思っているのですが、 時には暴力も伴います。 そうさせた相手が悪い、 正義であるはずの自分にそうさせていること自体が 罪だ、と言わんばかりの暴挙に出ますが、 …

自分の優先順位を一番にしてほしい

自己愛性人格障害者は、 何よりも自分のことを優先してほしい人たちです。 そんなこと言われても・・・と思うかもしれませんし、 自己愛性人格障害者も最初から 「自分のことを優先しろよ!」と思っているわけでは ありません。 感覚的にそう感じてしまうだ…