自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

モラルハラスメントというのは依存症

モラルハラスメントをやめてほしい! という声はたくさんあるとは思いますが、 モラハラというのは衝動であり、依存でもあるため、 それ自体はやめられません。 一番は、自己愛性人格障害が それをモラハラだと自覚できない性質であること、 そしてモラハラ…

なんでも自分の都合のいいように解釈する

なんでも自分中心に物事を捉え、 明らかに「そうじゃないだろ」というような 事柄があったとしても 自分の自己愛を満たす材料にしてしまうのが 自己愛性人格障害者です。 なぜなら自己愛性人格障害者というのは 現実の中を生きていません。 あくまでも、現実…

二極化志向はなかなか改善しない

二極化志向というのは、 自己愛性人格障害者でいう「白黒志向」のことです。 白か、黒しかない。 グレーは認められない。 100点でなければ価値に値しない、 0点と同じである。 完全に正しくなければ間違いと同じである。 そういう考え方のことです。 こうい…

自己愛性人格障害者は、ターゲットを懲らしめたい

自己愛性人格障害というのは、 ターゲットや配偶者を懲らしめたい 人間です。 時にはこどももその対象になりますが、 普段は配偶者を懲らしめるために 子供に見せしめたり、 子供を利用することのほうが多いでしょう。 ターゲットというのは自己愛性人格障害…

モラハラの自覚よりも被害者なのだという自覚のほうが必要

モラハラというのは 治りません。 正確に言うと治ることもありますが、 被害者が自己愛性人格障害者のモラハラを 改善させよう、無くそうと考えたり 努力すればするほど、 その努力は新たなモラハラの材料に 使われるだけでしょう。 お前の努力が足りないか…

自分を育てなおすということ

今回はただの日記のような記事です。 自己愛性人格障害の被害者として 数年生きてみて、 苦しい思いばかりを抱えてきて 自己愛性人格障害者から離れて 被害から抜け出したあとも いろんな感情が渦巻いていて まとまりがなかった状態でした。 カウンセリング…

他人のミスに厳しい自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのは 他人のミスに非常に厳しいですが、 自己愛性人格障害の特性を知っている人は、 自己愛性人格障害者が他人のミスに対して 騒ぐ割には他人のミスを待っていることに 気が付きます。 つまり、そのミスに対して 「こういう被害を受…