自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

2018-04-15から1日間の記事一覧

泣き落としをよく使う

自己愛性人格障害者は、 どうしようもなくなったときには よく泣き落としという方法を使います。 「どうしようもなくなったとき」というのは、 本当にどうしようもなくなったとき ではありません。 他に相手のコントロール手段が ないとき、です。 脅迫して…

モラハラ対処が困難を極める理由

たとえばモラハラ対処法に、 「モラハラする人は愛に飢えています、 出来るだけ褒めて、 苦しみを理解しましょう」という 文言が書かれていたとします。 ところが、被害者が加害者を褒めても どうにもなりません。 色々と理由がありますが、 自己愛性人格障…

生きづらさ

自己愛性人格障害者にとって、 社会は敵だらけで、 人生もつまらないものです。 「敵と味方」という表現を 自己愛性人格障害者自身も しますが、 味方だと思っている人間も 本人が直接コントロールしやすい相手 であるため裏切りはしないだろうと 思っている…

離婚という脅し

自己愛性人格障害者は、 「もう離婚だ」という脅しを よく使います。 ちなみに、 被害者が別に離婚してもいい、という スタンスでも、 「もう離婚だ」という脅しを繰り返し使います。 ただ、被害者が「離婚したい」という意思を 明確に伝えている場合、 自己…