自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者は、ターゲットを懲らしめたい

自己愛性人格障害というのは、 ターゲットや配偶者を懲らしめたい 人間です。 時にはこどももその対象になりますが、 普段は配偶者を懲らしめるために 子供に見せしめたり、 子供を利用することのほうが多いでしょう。 ターゲットというのは自己愛性人格障害…

モラハラの自覚よりも被害者なのだという自覚のほうが必要

モラハラというのは 治りません。 正確に言うと治ることもありますが、 被害者が自己愛性人格障害者のモラハラを 改善させよう、無くそうと考えたり 努力すればするほど、 その努力は新たなモラハラの材料に 使われるだけでしょう。 お前の努力が足りないか…

自分を育てなおすということ

今回はただの日記のような記事です。 自己愛性人格障害の被害者として 数年生きてみて、 苦しい思いばかりを抱えてきて 自己愛性人格障害者から離れて 被害から抜け出したあとも いろんな感情が渦巻いていて まとまりがなかった状態でした。 カウンセリング…

他人のミスに厳しい自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのは 他人のミスに非常に厳しいですが、 自己愛性人格障害の特性を知っている人は、 自己愛性人格障害者が他人のミスに対して 騒ぐ割には他人のミスを待っていることに 気が付きます。 つまり、そのミスに対して 「こういう被害を受…

正義や常識は時として人を傷つける

正義を貫く人間が 自己愛性人格障害者かどうかは別として、 このような事実があります。 小学校などでも道徳の時間・ 授業が設けられていたり、 倫理という概念があったり、 社会では「これが常識である」 「これが正義である」 「これが人としての思いやり…

自己愛性人格障害者がよくやる後だしじゃんけん

自己愛性人格障害者というのは 後だしじゃんけんが非常に得意です。 非常に得意です、というよりは それが自然な癖になっている、 といったほうが適切でしょう。 後出しじゃんけんというのは、 相手がどういう手を出すのかを見てから 自分がどんな手を出すの…

「どこの家庭もそうやって我慢しながらやっていくのよ」という罠

被害者がやっとの思いで 人に相談することが出来たとしても、 こういう台詞を返されることというのは そんなに珍しくないかもしれません。 特に、こういう台詞を言うのは 女性に多いという実情もあるでしょう。 そしてさらに、 「自分はそういう我慢を乗り越…

結婚したがる自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者は 結婚に責任をとりません。 結婚に責任をとらないとは どういうことか?というと、 そもそも結婚生活という二人での 共同生活に、「協力しません」。 協力しているふりはします。 むしろ、協力どころか結婚生活が成り立っているのは 自…

ナルシストに関するよくある誤解

自己愛性人格障害者=いわゆるナルシスト、 なのですが、 ナルシストというのは、テレビや漫画での 描写だったり 変に誇張されすぎていて、 誤解を受けているところがあります。 たとえばナルシストが 歌を歌う、という場面を想像してみると、 大体が自分に…

なぜ、虐待が出来るのか?

「虐待」のニュースは皆さんもよく目にすると思います。 その内容を文字に書き起こすとより凄惨なもので、 イメージしようと思ってもあまりに惨く そこで思考がストップしてしまう人も多いことでしょう。 そもそも、酷いとかそういう以前に 虐待をする意味が…

自己愛性人格障害者は共感しない

他人の心は誰にも分かりません。 それは、自己愛性人格障害者でなくとも 誰でも同じことがいえるでしょう。 テレパシーの能力があるわけでもありませんから、 誰も他人の心まではのぞけません。 誰かから念を受け取れるわけでもありませんし、 いくら自分が…

自己評価が低いのに自慢する理由

自己愛性人格障害者に対して、 「なぜ心が弱く自己評価が低すぎるはずの人間が、 自慢したり自分を有能だと思いこんで しまうのか?」 と考える人もいるかとは思います。 ところがこれは逆で、 「自己評価が低いのに自慢する」 のではなく、 「自己評価が低…

モラハラをやめさせるために、いろいろ試すという過程は重要

私は、基本的にモラハラは100%改善しないという 考えの持ち主です。 けれども事実は違います。 モラハラ思考を持っていた人間でも、 その思考が変わっていくことも まれにあります。 ということは、100%改善しないわけでは ありません。 私はそれでも、自…

離婚を決めてからが勝負

自己愛性人格障害者との生活というのは モラハラ被害の連続であるので、 とにかくそれだけでも精神的に張り詰めたり 疲弊してしまうものです。 完全に疲弊してしまうと正常な判断がつかなくなり、 自己愛性人格障害者にぼろぼろにされてしまいます。 ですか…

自意識過剰な自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのはとにかく 「なんでもかんでも自分に関連している」 と思い込むことが得意です。 他人の視線がこちらを向いていると思いたければ、 ちょっと目が合っただけでも 「あの人はこちらを向いていた」と 思えますし、 それが好意を抱い…

誰もが、悪意を暴かれたくない

自己愛性人格障害者は 自分に悪意があったことを 自分の心の中では否が応でも認めませんが、 それは誰もが同じで、 悪意を暴かれるくらいだったら、 「自分が未熟だった」 「自分がバカだった」 と、自分を落として悪意があったことだけは 回避しようとしま…

自己愛性人格障害者にとっての失敗

自己愛性人格障害者は、まず 「失敗」というものをしません。 もちろんそれは、 自己愛性人格障害者の内界の 話です。 周りから見て明らかに 失敗であると思えるようなことでも、 自己愛性人格障害者にとっては 失敗にはなりません。 そもそもまず、失敗しそ…

自己愛性人格障害者に承認欲求はあるのか

自己愛性人格障害者は 承認欲求を満たそうとしますが、 それはまず不可能です。 そもそも他人が誰でも「自分を認めているのだ」 と思い込みながらも、 相手が本当に自分を認めているであろう、 などという相手の気持ちを考える余裕がないからです。 ですから…

配偶者の家をバカにする自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのは 「自分は優秀な血を受け継いでいる」 というような思い込みをしていることが 多いです。 もちろん、 社会的に失敗している人たちが周りに 集まっていると そういう思い込みを周りに表出することが 出来ないので、 代わりに 「…

ああ言えばこう言う自己愛性人格障害者

被害者が「これは白だ」といえば 自己愛性人格障害者は「いや真っ黒だ」 と答えます。 あるいは「目がおかしいのか」 と返すかもしれませんし、 「これを白と判断するのは 君の頭がおかしい証拠だ」 と言うかもしれません。 なんなら、その白の色を出してい…

自己愛性人格障害者に因果応報はこないのか?

自己愛性人格障害者を呪いたいほど 憎んでいる被害者も多いことでしょう。 電柱に車ごと激突して 訃報が届かないかとか、 急にアルコール依存症のせいで 心臓が停止しないかとか、 誰かに刺されないかとか 天罰がくだらないかとか、 超常現象的な「罰」をど…

自己愛性人格障害者から「離婚」と言わせたいとき

自己愛性人格障害者というのは、 他人の思い通りになりたくない・・・ 特に被害者の思い通りにはなりたくない 生き物です。 コントロールしたい、思い通りにしたいという 気持ちはありますが、 コントロールされるなんて考えるのは 虫唾が走りますし自分の危…

被害者の個性は、自己愛性人格障害者にとって脅威

自己愛性人格障害者にとって、 他人の個性、 特に自分を投影している相手が 自分らしさを出してくるというのは 脅威でしかありません。 その脅威を感じると、 すぐさま 「お前に個性なんかない。それは許されない。 なぜならお前は(みじめな)自分と同じ 存…

お前のほうこそモラハラだろ!

自己愛性人格障害者はよく、 こういう台詞を被害者に対してはき捨てることが あります。 当然ですが 被害者が、「あなたのやっていることは モラハラです」とかなんとか 自己愛性人格障害者に対して 言ったときには即座にこういう言葉が 返ってくるかもしれ…

次から次へと問題が起きる人たち

自己愛性人格障害者というのは 「なんでいつも問題ばかり起こるんだ!」 と憤慨しながら言うことが多いでしょう。 それは自分の周りに能力のない人が 集まっていて、 しかも配慮のない人が多いため 能力のある自分にしわ寄せが起こる。 そういう形にしたい自…

自己愛性人格障害者はどんなときでも自分は優秀だと思い込める

自己愛性人格障害者は 被害者意識を持たずにはいられない 人たちです。 ただ、もちろん自己愛性人格障害者でない人でも 被害者意識を持つことはあります。 実際に被害を受けていれば 当然、「自分はこういう被害を被った」 という認識を持つでしょう。 それ…

モラハラ加害者は精神崩壊の直前の状態である

自己愛性人格障害というのは 人格障害ですから、 分類としては精神障害に分類されます。 精神障害に分類されますから、 精神症状も出やすい状態と言う事になります。 精神症状ってどういうことかというと、 いわゆるモラハラというのは 精神症状の一つです。…

自己愛性人格障害者は、「何」を自覚しなくてはならないのか?

自己愛性人格障害者はよく、 「モラハラを自覚できない」 「自覚できないからこそ、 自己愛性人格障害者なんだよ」 ・・・というふうに表現されたり 揶揄されます。 このサイトでも、自己愛性人格障害者は 自覚する能力がないという風に 何度もお伝えしてい…

自己愛性人格障害者に、愛情はあるのか

自己愛性人格障害者が厳しいことを 言ったりするたびに、 「自分がここまで言うのは、 あなたを愛しているから」 という言葉で被害者を納得させようと することがあります。 被害者が愛に飢えている人物だと、 それを鵜呑みにしてしまいがちです。 ああ、か…

行動パターンが一定になる自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのは 「自己愛に拘り続ける」 人格障害です。 自己愛にこだわるために 人格が障害をきたすというよりは、 自己愛に拘ることが人格として摩り替わる、 思っておいたほうがいいでしょう。 それくらい、自己愛性人格障害者の 「人格」…