自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害者ではなく、自分の醜い部分を見ています

自己愛性人格障害者は、
まるで被害者を憎しみ、


被害者がなにも出来ないような
無知で無能な人間だと
思っているように
見えます。


しかし、
本当は被害者のことなど
ちゃんとみていません。


状況変化をみるのは得意ですが、
心をみるのは苦手です。


なぜなら、自分が
自分のことを本当はみじめで
生きている価値などない、
と思っている心でさえ、

直視できず
モラハラに走ってしまう人生
だからです。


自分の心もみえず、
他人の心もみえません。



だから、被害者が
どういう人間であれ、
同じように貶め、
同じように支配し、
同じように扱います。




被害者が悪いから
そういうふうに扱うのではなく、

自己愛性人格障害者の
心の働きによるものです。


自己愛性人格障害者は、
自らの醜い部分を切り取り、

それを相手に投影します。


つまり、
相手が、
「醜い、みじめな、
生きている価値のない、
人を貶めようとしている自分」
に見えるのです。

もちろん、そういう自覚はないため、
「相手そのもの」が
「そういう酷い人間」
なのだと勘違いし、

「正義である自分」が
そういう人間を
正してやっているのだ、

というのが
モラハラ加害者の
スタンスです。