自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「オラオラ系が好き」な人だと危険です

モラハラ被害者は、
明らかに愛情ではないものを、
「愛」だと勘違いする
傾向にあります。

特に、
「オラオラ系が好き」
「俺についてこい、みたいな
ひとがすき」
「気のつよい女性が好き」
「束縛してほしい」

というひとは、
被害者として選ばれやすいです。


さらに、
被害者になっても、
モラハラを受けていると
長い間気づくことが
難しくなります。


とにかく束縛されることも
愛だと勘違いしたり、

異性と会う以外の
なんでもない行動を
制限されても、

「それだけ心配してくれて
いるんだ」
「愛してるから
それだけ執着するんだ」

と思い込みがちになります。


むしろ、
その執着がなくなってしまうことを
恐れ、

加害者の言うことをなんでも
聞いてしまうこともあります。


あきらかに自分が
苦しくなっても、

その執着を愛だと信じこみ、
執着されないよりは
ましだ、と
制限を受け入れていくと、


加害者は被害者に対して
「人間としての自由」を
どんどん奪ってゆきます。