自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「この俺に向かって」「この私に向かって」思考が消えない

地位や名誉を手に入れると、

自分がその名誉以上に

素晴らしい人間になったような

気分になることは、

 

誰にでもあります。

 

 

それは決して珍しいことでは

ありません。

 

 

その道の経験値が

人より多い、

いろんな賞を手に入れている、

名声を得たことで知らない相手が

自分の事を知っている、

 

そのような場合、

実際に尊敬されたり

好意を示されたりする機会が

多くなるので、

 

より自分は偉い人間なのだと

再認識し、

自分の能力以上のものを

手に入れた気分さえします。

 

 

そして、

「この私に向かって

なんて口の利き方だ」

という思考になるのは

仕方ないことともいえます。

 

特に、

自分がなく、名誉や賞賛などに

揺れ動く人間の場合、

 

「自分は偉いのだ」と、

人の評価をものさしにしやすいのです。

 

 

しかし、そういう人たちでも、

「それは勘違いだぞ」と指摘され、

 

今まで手にしてきた地位や名誉を

失ってしまうと、

 

とたんに自分を賞賛してくれていたはずの

人たちも離れてゆき、

 

そこでようやく

自分の本当の価値に気付くことに

なります。

 

 

というより、

最初は恨みつらみを述べていても、

 

いつかは「自分は偉いんだ」思考から離れないと、

地位も名誉も失ったのに、

ただ「自分は偉いんだぞ」という考えだけ

持ってしまっている、

 

ただの変な人になってしまうからです。

 

 

力があるときはそういう

素振りを見せて

人をコントロールしても、

 

「こういう立場の人だから

当然だな」と

皆その通りにします。

 

 

ところが、

自己愛性人格障害者の

「俺様」

「女王様」思考というものは

消えることはありません。

 

たとえ、どんなに非難を受けたとしても

です。

 

周りが正当な理由で非難しているとしても、

自己愛性人格障害者にとっては

周りが「正当」であっては

なりません。

 

 

ですから、地位や名誉を脅かす者、

妬んでいる者としか思いません。

 

それは失脚しても

同じことなのです。

 

 

地位も名誉もなくなっても、

どれだけのものを失っても、

「この尊大な自分を正当な理由なく

貶めた悪い者達」という

思考から離れられません。