自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

無視・約束の反故・暴力という行動化(アクティング・アウト)

自己愛性人格障害は、

あらゆるストレスをモラルハラスメントにて

跳ね除けていき、

 

その結果

周りの人間が不利益をこうむるわけですが、

 

自己愛性人格障害者が

跳ね除けなければならない

ストレスが大きければ大きいほど、

 

ターゲットが受ける被害も

大きくなっていきます。

 

 

特に防衛機制の行動化というのは、

自己愛性人格障害者の

「触れられたくない部分」に

なんらかのストレスがかかったときに

起き、

 

無視・約束をなかったことのようにして破る・暴力などを

引き起こします。

 

 

このとき、

当たり前ですが、

他人のことなど推し量っている

暇はないのと、

 

自己愛性人格障害者自身が

強烈な恨みの観念に

捉われている場合が多いので、

 

これでもかというくらいの

レベルで、

ターゲットを徹底的に

攻撃します。

 

そして、

これらは長期間にわたることも

ありえます。

 

「喧嘩は今日のうちに仲直り」という

夫婦のルールがある、

という家庭もありますが、

 

そんなことは自己愛性人格障害者は

出来ませんし、

そもそもそのルールがあっても

 

何度もそれを破ること自体で

相手を傷つけてやる、

とまで思ったりもします。

 

これらアクティングアウトという

間違った対処法は、

ターゲットとの溝を確実に生みます。

 

謝罪をし距離を近づけようとも

最初はしますが、

 

距離が離れないようなら、

謝ることさえしなくなることも

多くあります。

 

そして何度も何度も、

本当のストレスの原因がなんであれ、

「お前がストレスをためさせているせいだ」

というもっともな理由をつけ、

 

その方法で相手を傷つけてしまうのです。