自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

傍目からみて非常に礼儀正しく親切そうに見えます

自己愛性人格障害者は、

ターゲットやよく関わる人間からすると

その人物像をうかがい知ることが

出来ますが、

 

関わったことのない、

あるいは礼儀正しくしなければならない

状況においては、

 

非常に礼儀正しく・論理立てて

話すことができます。

 

 

その顔を知っていると、

ターゲットはますます、

「自分が被害を訴えたとしても、

絶対信じてもらえない・・・」

と考えてしまいます。

 

 

「あの人が、

そんな横暴なことをするわけがない」

「あなたの考えすぎでは?」と

実際にいわれてしまえば、

 

余計にモラルハラスメントで

どのような被害にあっているのかを

周りに伝えることが

できなくなってしまうのです。

 

 

理論だてて話すことができると、

「この人は、変なひとだ」とは

勿論誰も思いません。

 

話につじつまが合わなくなってくるのは、

自己愛性人格障害者が

その自己愛を肥大してしまう相手、

 

主に

自分よりも下に見ている者や

ターゲット、

自分に対して挑戦的な者に対して、です。