自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者のまま愛し合うということは不可能です

自己愛性人格障害者は、

病識を持てば、

人を愛するということは出来ると

思います。

 

逆にいえば、

自分が自己愛性人格障害者で

ある限りは、

人を愛するということは

できません。

 

ターゲットから見て、

相手が自己愛性人格障害者であったら、

「それさえ治れば!」と

思ったとしても、

 

問題はそこではないのです。

 

 

自己愛性人格障害者は、

ターゲットを愛しているから

一緒にいると

思い込んでいるふしがあります。

 

ターゲットもまた、

攻撃的なときだけ非難される

だけで、

それ以外の時間は優しくて

嫉妬もしてくれるから、

 

愛されているはずだ。

 

と思い込んでいることがあります。

 

 

自己愛性人格障害者が、

ターゲットと結婚したまま

「自分は人格障害だ」と

自覚したとしたら、

 

ターゲットとい続けることは、

本当の意味で苦痛になります。

 

 

なぜなら、ターゲットは

ターゲットとしての適性があったから

選ばれただけであり、

 

本当の意味で愛しているわけでは

ないからです。

 

それに気付いたとき、

そこに「愛」はありません。

 

それは、自己愛性人格障害者にとって

大きな苦痛なのです。