自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

究極の自分至上主義

自己愛性人格障害者は、

「自分が傷つかないことだけを考える」

という点においては、

 

これ以上ない生き方をしています。

 

 

というのも、

最終的には他人からの評価も

下がっていくのですが、

 

自己愛性人格障害者は

それに気付きません。

 

勿論、

自己愛性人格障害者は

普段接しない人などには

礼儀正しい、いい人だと

思い込まれやすいのですが、

 

ずっと接していくと、どうしても

「モラルハラスメント」を起こしやすいので、

深い関係を気付けません。

 

 

特に組織の中などでは、

「自分が偉い!能力がある!」

と思い込みやすく、

その思い込みを強化するために

 

見せしめに出来る者を選んで

徹底的に攻撃しやすいので、

 

本当の意味での信頼関係を

築くことができません。

 

 

夫婦関係においても

同様です。

 

 

ですが、特に夫婦である場合、

相手が自分を貶めようとしている

などという考えに取り付かれたとしても、

 

「相手が自分を嫌っている、離れたいと

思っている」

 

などということを

口では言っても認めることは

できません。

 

 

ありとあらゆる方法で

それを阻止しようとします。

 

相手が自分から離れたいと考えており、

自分を嫌っている、

 

自分がたとえ暴力をふるっていたとしても、

相手のそういう考え自体が認められない。

 

それこそが異常なのだということは

気付きません。

 

自分が嫌われるような事をしている、

そういう人間だということを

自分自身の心が認められないからです。

 

認めてしまえば、

今までの強い自分は粉々に

砕け散ります。

 

周りからの非難よりも、

そのことのほうが

よっぽど怖いのです。

 

 

だから、

周りの人間の多くが自分のおかしさに気付いて

非難してきたとしても、

 

「自分が正しい」ということは

変えることの出来ない

絶対の事実であり、

 

それを非難する周りや世間がおかしく、

「自分の考えは世間の陳腐なやつらには

理解できない」

 

という思想になっていきます。