自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者への仕返し

自己愛性人格障害者は、

人の人格を傷つけることに

非常に長けています。

 

 

まるで、

自分の全てを否定しているかのような、

そういう言い方を好み、

それを繰り返し言うこと・

行動して示すからです。

 

 

そもそもターゲットがどれだけ

優しかろうと、

自己愛性人格障害者からは

蔑まれ、

冷たい人間だといわれ、

偽善者といわれます。

 

ターゲットはどんどん、

何度も言われていることが

まるで本当のことのように

感じてしまいます。

 

 

しかし、

心で「そんなことを言うなんて」

「こんなことをするなんて」

という怒りや恨みなども、

溜まっていきます。

 

 

そうやって、ターゲットの中にどんどん

積みあがっていく怨恨が、

「地獄に落ちればいいのに」

「絶対にやり返してやる」

「痛めつけたい」

 

という気持ちを生み出していきます。

 

 

ところが、ターゲットは基本的に

争いを嫌います。

そして、「嫌われたくない」という

弱点があるため、

 

他人を巻き込んででも

ターゲットを貶めようとすることに

何のためらいもない

自己愛性人格障害者に、

敵うわけがないのです。

 

 

どれだけ罵倒しても、

彼らはモラルハラスメントで

攻撃を跳ね除け、

 

その攻撃が彼らの心に

届くことはありません。

 

 

そして、

そのターゲットを消してでも、

「正当防衛」という形で

自分を正当化しようとします。

 

誰かを傷つけてしまったとか、

自分が傷つくとか、

そういう心の動きや罪悪感のような

ものはありません。

 

あるのは、

思い通りにならない

ターゲットへの

支配欲だけです。

 

いくらターゲットの

恨みの念が強かったとしても、

1時間も説教を続けるような

ことをしていれば、

 

ターゲットは

自責の念にかられるか、

かわいそうになってくるだけです。

 

 

それに比べ、加害者のコントロールできない

ことへの恨みの念や

「無傷でいられる」ということの脅威は

ターゲットには計り知れないものです。

 

 

仕返ししてやる、

という気持ちで挑めば挑むほど、

自己愛性人格障害者にとっては

自分が正義でいられる

うってつけの獲物が

向かってくるのと同じなのです。

 

 

だから本当に

「目にものみせてやりたい」と

思うときは、

 

自己愛性人格障害者の

「言動パターン」というものを

利用したほうが手っ取り早いです。

 

自己愛性人格障害者は、

「ああ言えばこう言う」

「こういう行動は避けやすい」という

パターンにはまりやすく、

 

口車に乗せられたりすることは

よくあるので、

 

詐欺などにひっかかりやすいのも

特徴です。

 

 

もちろん自己愛性人格障害者が

酷い目にあうと、

八つ当たりを受けるのも

被害者そのものなので、

 

自己愛性人格障害者と

付き合ったまま・

結婚したまま仕返しするというのは

得策ではありません。

 

 

ですが詐欺などにあったり

酷い目にあったとしても、

 

「反省」というものは

ほとんどしないので、

それが仕返しになるかどうかというのは

また別の話です。