自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

モラハラが過激になるとDVになります

一般的にモラルハラスメントでは

DVは起こらないなどといわれて

いますが、

 

勿論起きます。

 

分類としては、

無視や壁を殴ったりなどの

行動化と同じものですが、

 

コントロールが必要なときに

怒鳴り散らしたり、

DVなどの行動に出ます。

 

勿論、自己愛性人格障害者は

最初、

言葉にて人の動きを制限したり

誘導したりします。

 

 

「〇〇しない人間はどうかと思う」

「〇〇ならこうするべきだって

いつも思ってるんだよね」

とまるでその人に命令はしていないような

態度をとり、

 

しっかり命令しています。

 

しかし言葉でコントロール

出来なかった場合など、

 

今度は無視や明らかな怒りの

表出(大きな音を出すなど)

でコントロールしようとします。

 

そのうち怒鳴ったりして

さらに直接的に相手の動きを誘発しようと

するのですが、

 

そういうコントロールがうまく

いかなかったり、

かなり被害的になってしまっていたり、

被害者が少しでも思ったとおりでない

行動をとると、

 

「挑戦的だ」とみなし、

DVに走ることが多いです。

 

なぜなら、

被害者を確実にコントロールするためには、

暴言暴力という行為が

手っ取り早いからです。




ちなみに、

それに対して「DV」という

認識をすることは

ほとんどありません。


あくまで必要な指導、

あるいは正当防衛と考え、


「暴力をふるわせる方が

悪い」という言い分を

貫くのです。