自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

距離が近すぎるから暴力になる

自己愛性人格障害者は、

他人と自分の境界が

非常に曖昧です。

 

 

特に配偶者などだと、

距離がぐっと近くなるどころか、

「自分と一体である」

という感情に支配されてしまいます。

 

 

距離が離れているから

暴力を振るうわけではありません。

 

愛が足りないから、

とかそういう問題でもありません。

 

距離が近すぎるのも

ターゲットのせいではありません。

 

 

自己愛性人格障害者は、

ターゲットがどういう人物であろうと、

ターゲットがまるで「自分の一部」でも

あるかのように感じます。

 

実際、

そういう発言をしたりすることも

多々あるのです。

 

 

そして、

「自分の一部」であるはずの

ターゲットが、

 

さも自分の意見があるかのように、

さも自分の好みがあるかのように、

さも自分だけの権利があるかのように

ふるまうのを嫌います。

 

 

自分の一部であるはずのターゲットが、

自分の意に反する行動をすると、

 

それは認められないのです。

 

 

あくまで、自分の一部なのですから、

自分の一部にふさわしく、

 

自己愛性人格障害者の

思うとおりにし、

言う通りにし、

言わなくても理解し、

彼らのためにだけ動く。

 

それにちょっとでも反すると、

その通りに行動させるために、

暴力という手っ取り早い方法を

取るのです。

 

そして、その根底には、

「自らを愛することができない」

「自らを尊重することができない」

というものがあります。

 

 

根底は自分を偉大とか

大事になど思っていないから、

それを相手(ターゲット)に投影します。

 

そしてそのターゲットがまるで

自分の中身のように卑屈で恨みを

抱えている意地の悪い人間に

見えてきて、

 

余計に腹立たしくなるのです。

 

ですから尽くせば尽くすほど、

ますます自己愛性人格障害者の

「自分との一体感」は強くなり、

 

簡単に暴言や暴力を

使うようになります。