自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

飲食店で偉そうにする理由

飲食店で、やたらと

強気に出てしまう場合があります。

 

決まったウエイターが

嫌いな場合、

自己愛性人格障害の特性から、

 

「あいつは私を嫌っている」

と思い込み、

 

やたらと敵対視してしまい

そういう行動に出る

こともあります。

 

 

そして違う理由だと、

印象操作したいからというのも

一つ、

横柄な態度をとる理由として

挙げられます。

 

 

とにかく

自分は偉い人間なのだと

誇示するために、

 

やたらと上から目線から

話しかけたり、

ターゲットに向かって

知識を披露する

者達もいます。

 

 

偉そうというよりも

明らかにイライラしてしまっている

場合は、

 

その店で何かを期待していたのに

些細な理由(たまたま気に入らない

ウエイターだった、いつも食べている

味と何か違った、など)から

裏切られた気分になった、

 

なども挙げられます。

 

それらのせいで、

「時間を無駄にした」

「こんな場所、二度とこない」

 

などと憤怒することもあります。

 

 

もちろん、二度と行かない場合もありますが、

加害者は気分でそういう風に言うことも

よくあることなので、

 

二度とこない、と言っている場合にも

その後も通うことも

あります。