自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の功罪

自己愛性人格障害者が

パートナーになると、

 

確実に被害者は消耗して

いきます。

 

ターゲットになって、

消耗しない人間など

いません。

 

たとえ被害者の特性を持ち合わせて

いなかったとしても、

 

「まあ、こういう人間も

いるか」とか、

身近に圧力をかけてくる人間がいて

その圧力に慣れているとか、

 

そういう人物が被害者だと

いつまでも加害者からの攻撃に

耐えてしまいがちです。

 

 

最初は苦しくなくても、

どんどん体に不調が出てきたり、

無気力状態になってしまうことも

ざらにあります。

 

 

「傷」は人が成長していく上で

大きなエネルギーとなりますが、

 

モラルハラスメントのように

「かなり強い言葉で」

「際限なく」

人格否定をされ続ければ、

 

被害者は成長するなんてことを

考えもしなくなり、

 

その日1日1日を乗り切るだけで

精一杯になります。

 

 

自己愛性人格障害者というのは、

それだけ人の人格をボロボロに

します。

 

 

唯一つ、

自己愛性人格障害者と出会うことで

被害者側にメリットがあるとしたら、

 

人に合わせすぎる生き方、

譲歩しすぎる生き方を

見つめなおすきっかけに

なることです。

 

 

人に合わせすぎる力があると、

自己愛性人格障害者の格好の餌食に

なってしまいます。

 

そしてそれ自体が

被害者を苦しめる

要因になりやすいのです。

 

 

本当は嫌で嫌で仕方がないのに、

「自分のせいだから」と

思うことで、

 

本当の問題点から目をそらし続けます。

 

 

自己愛性人格障害者と

離れるときには、

必ず自分だけのことを中心に

考えなければ

離れられません。

 

「自分本位」ということを死ぬほど嫌う

被害者ですが、

そういう生き方をするくらいでないと、

 

被害者は本当の意味で

被害者体質から解放されたとは

いえないのです。