自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害者の特徴

自己愛性人格障害者が、
他者への攻撃性が特化していると
説明できるなら、

ターゲット…被害者となる人は、
逆に自分への攻撃性が強い、
とも言えます。


嫌われたくないと考えるゆえに、
自分が他者を嫌ってしまうことに
たいしても、

非常に敏感になってしまいます。


誰かを嫌いということは、
その人に対する嫌な感情を
認めないといけない。


嫌な感情を認めていたら、
その人と付き合うのが苦痛に
なる。

苦痛になると、
その人とのコミュニケーションが
うまくいかなくなり、
自分の方が嫌われてしまう…


そんなことを考えているうちに、
「じゃあ、嫌だと
思わないようにしよう」

「自分が譲歩しよう」と
考えます。


が、譲歩するのは
いいのですが、

被害者となる人は、
「どこまででも譲歩してしまう」
のです。


一度とんでもなく
怒ったとしても、

ごめんなさいと言われれば、
そこで許さないならあなたの方が
悪いよ、

という態度をとられれば、
すんなり「そうかも」と思ってしまい、
許してしまいます。

しかし、
許したのは形だけで、
心は本当は悶々としています。


その心さえ、
「自分の心が狭いんだ。
許さなければ」
と変に優等生になってしまうのです。


そして、
自己愛性人格障害者の問題を、
まるで自分の問題で、
自分が解決しなければならない
もののように考えるように
なっていきます。


もちろん、
自己愛性人格障害者が
そう仕向けるのですが、

そう仕向けられても、
「愛してもらえるなら」と
被害者は進んで
その道を選びます。


本当は辛いのに。
そうやって心の声を無視した結果、
被害者はなぜか苦しい気持ちを
かかえたまま日常を過ごすはめに
なります。

人を嫌いなら嫌い、
嫌なことは嫌、でいいのに、
そう思うことがまるで罪であるかの
ように、
自分を責めつづけるのです。