自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

加害者は非常に魅力的である

ターゲットにとって、

自己愛性人格障害者というのは

非常に魅力的に感じます。

 

魅力どころか、

「自分の心をここまで分かって

ここまではっきりと

意思表示をしてくれて、

愛せる人は他にどこにもいない」

 

とまで思わせてくれます。

 

 

別に加害者は人の心が分かるわけでも、

心配をかけないために

意思表示をしてくれているわけでも

ありません。

 

「大丈夫?」

「いつでもなんでも

いってくれてかまわないからね」

 

という言葉は、

「タダ」でいえるからです。

 

言うだけなら、

労力を必要としません。

 

そうやって、優しい言葉をかけることなど

いくらでも出来ます。

 

しかし、

その通りに相談ごとを持ち込めば、

いつしか話題は

「自己愛性人格障害者自身の話」に

摩り替わっていたり、

 

心配している割には

それとは正反対の行動を

したりします。

 

声かけはあくまで優しいのが

自己愛性人格障害の目立つ部分です。

 

こまめに声かけし、

「いつでも心配しているよ」

「いつでも思っているよ」

「これが心配なんだろう」と

ひたすら優しくし、

 

ターゲットは

「ああ、この人はものすごく

自分のことを分かっている」

と錯覚するのです。

 

そうやって、

「はっきり口に出してくれる」人を

ターゲットは好みます。

 

一方、自己愛性人格障害者は

言葉に責任を持ちませんので、

 

「大丈夫?」と言っても

心配を取り除くため努力をしたり

負担をかけないために配慮する、

ということをしません。

 

あくまで、

「大丈夫?」

「心配しているよ」と

言い、

 

「いつも自分は心配しているのに!!

(それに比べて)お前は冷たい!!」

と自分の正当化を示す材料にするだけです。

 

このように優しい言葉にも

責任は持ちませんし、

「ゲスめ」「クズが」「本当に人間の心があるの?」

などと酷い言葉を言うことも出来ます。

 

全て、言葉に責任を持たないので、

傷つけても責任を感じずに済むからです。