自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

ちょっとしたことで天より高く期待し、ちょっとしたことで地獄に落ちるほど裏切られた気分になる

自己愛性人格障害者は、

ちょっとしたことで

とにかく期待を膨らまします。

 

その事実が、自分の自己愛に関わってくる

ものであると、

とにかく事実を肥大させたり、

認識がオーバーになりがちです。

 

 

ちょっとした褒め言葉を

貰うと、

 

「やっぱり、自分は有能なのだ」と

とにかく自分に自信がつき、

まるで役職でも貰ったかのように

振舞うことがあります。

 

 

そして、

そうなるとなんでもかんでも

うまくいくのが当たり前、

最高の成果がだせるのが当たり前、

自分はそれが出来る人間・・・

 

いや、自分はそれ以上のことが出来る

人間である。

 

 

そうやって上ばかり見上げていると、

 

最高の結果だけが生まれる気がして

しまいます。 

 

 

が、そもそも物事に

「自分にとって最高」というのは

滅多に存在しません。

 

 

当たり前ですが、

日常にそんなものは

転がってもいません。

 

 

だけれども、自己愛性人格障害者の

中では、

「最高」か「最高じゃないか」

でしかなく、

 

「最高じゃない」なら、

最高じゃないものを準備してきた、

あるいは最高を叩きだせる自分を

邪魔してくれた

「誰かのせい」なのです。 

 

そうして、

最高のレポートを出さない

部下に異常に腹を立て、

 

最高のタイミングじゃない時間に

メールをしてきた同僚に

腹を立て、

 

最高の料理と家事を提供しない

配偶者に腹を立て、

 

最高の日常を与えてくれない

ターゲットに日常の怒りをぶつけます。