自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

相手に対して「お前がいうな」と何度も思うようなら要注意

自己愛性人格障害者の特徴として、

 

「それってあなたのことじゃないの?」

「お前がいうな」

 

といわれるような批判を何度も

他人にしてしまうというものが

挙げられます。

 

いわゆる「棚上げ」という状態です。

自分の事は棚に上げて、

まるで自分に対する「特大ブーメラン」のような

批判を堂々と相手にします。

 

 

その批判はものすごく具体的で、

まるで自己愛性人格障害者が、

ターゲットではなく、

 

本当に「自分に対する批判を」

ターゲットにしているような

印象を与えます。

 

自己愛性人格障害者は、

自分の悪い部分を、

相手の悪い部分だと思いこんで

非難してしまうからです。

 

その内容が、

「自分のこと」

だとは、まるで気がついていません。

 

配偶者や恋人、同僚と

喋っていて、

 

「それって、どう考えても

あなたのことなんだけど・・・

私には当てはまらないのに、

なんでこっちに言ってくるのだろう?」

という疑問を何度も感じるようであれば、

 

相手が人格障害の可能性もあるので、

注意が必要です。

 

これは自己愛性人格障害者に対して

ターゲットが感じる

奇妙な感覚の一つです。

 

そういう批判をされると、何度も

「あれ?この人、自分に対して

批判しているのかな?」と

本当に不思議な感覚に

襲われることが何度もあります。

 

特に、その批判が批判であるはずなのに

被害者に当てはまるというよりも

加害者側にしっかり当てはまるようなことを

言い出すからです。