自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害を縮小して伝えようとするターゲット

自己愛性人格障害者のターゲットに

なった人は、

 

基本的に争いごとを嫌います。

 

 

他人を巻き込む争いごとは、

特に嫌います。

 

人に迷惑をかけたくないというのも

ありますが、

そのことで「人に嫌われたくない」

という感情が

 

人一倍強いのです。

 

 

ですから、

被害を訴える必要が出てくれば

訴えますが、

 

基本的に、

被害を隠そうとします。

 

 

そして、被害を認識するよりも、

自己愛性人格障害者との生活を

維持するほうが大事だと感じるので、

 

 

その多くは、

「酷く暴言をうけたり行動を

制限されているが、

大丈夫、大丈夫・・・」

 

と、感情を麻痺させることを

優先します。

 

 

自分がそれを不満に感じていると、

この結婚生活は続けられない、

と思っているからです。

 

 

自己愛性人格障害者から

「お前がそうだから指導して

やっているんだよ」

といわれていることを

信じたほうが楽だと考え、

 

 

自分の行動を改善すれば、

嫌だという感情を麻痺させれば、

相手に尽くしてさえいれば、

 

きっと暴言はやむ、

相手のストレスも軽くなると信じます。

 

 

そこで、

自分が被害を回りに訴えてしまうと、

相手のストレスになると考え、

 

「被害なんか、

そもそもないのだ」

 

と考えてしまうのです。

 

しかし、

尽くしても、

先回りをして相手に

配慮しても、

 

自己愛性人格障害者は

「足りない。

それは愛ではない」

 

と言い続けます。

 

 

自己愛性人格障害者にとっては、

どれだけ尽くされたとしても、

 

「相手が悪者である」ということで

「自分が正義である」という

形を作り続けなければ、

生きていけないからです。

 

 

どれだけ行動を改善したり、

どういう対処をとったとしても

それ(モラルハラスメント)が

なくならないと気付いたとき、

 

初めて被害者は、

「やっぱり自分は被害者だったのか」

と気付くのです。