自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者による嫌がらせの特徴

たとえば、

嫌いな夫に気付かれない程度に料理に

たっぷり変なものをいれる。

 

こういうのも、普通に考えれば嫌がらせの一つではあります。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害者は何も

「嫌がらせ」をしているわけではないので、

こういう手法はとりません。

 

意味がないからです。

 

彼らは「自分の評価が上がるために」

相手を貶める、

それが結果的に周りに大損害を与えて

いる(嫌がらせになっている)

だけであるのと、

 

即効性もないし自分の評価や立ち位置にも

関係しない、

そんな嫌がらせをする意味がないのです。

 

 

逆にいえば、

自分の評価が上がったり

自分の方が(倫理的に)有利だという

立場にいけるなら、

 

どんな方法でも選択するので、

ターゲットが本当に嫌気がさすことも

傷つくことも

平気で行なうことができます。

 

 

「そういうつもりはなかったんだよ」

と言いながら、

ただ確かに自己愛性人格障害者は

「ターゲットの傷や怒り」に

敏感に反応しています。

 

 

ターゲットになる人は、

自己愛性人格障害者のそういう行いに、

素直に傷ついてくれる人です。

 

そういう人を、

自己愛性人格障害者は

自然と見抜いて近づいてきて、

 

嫌がらせに成功したら

相手の価値を下げられたと

認識し、

 

もっともっとと反応を欲しがります。

 

 

ですから

ターゲットが酷く傷ついたり怒ったり

する様子を見せれば、

 

反省するどころか心の奥底では

「自分が上に立てる」と

何度もそういう嫌がらせをし続ける

傾向にあります。

 

人の痛みを知ることが出来、

それで反省できる心の発達があるならば、

そもそも自己愛性人格障害には

なっていないのです。