自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の言い訳

自己愛性人格障害者は、
あらゆる言葉が「言い訳」に
なってしまっています。


合理化的に話すので、
最初は被害者やまわりも
納得してその話を聞いていますが、


次第に聞いてもいないのに
「あれは実はこういう理由があって」
「仕方のないことだったんだ」
「だからこれはしたくないんだ」

という話が多くなってきて、
被害者は次第に違和感を覚えます。



自己愛性人格障害者は、
「比較」を無意識に行います。


もちろん、そうでない人も比較は
しますが、

自己愛性人格障害者は
「自分が上に立っても
それを受け入れる人間(蔑んでも
いい人間)かどうか」
ということを無意識に見分けます。


それと同じで、
自己愛性人格障害者は無意識に物事に対して、
「自分は悪くない。正義だ」


ということに対して非常に敏感で、

常に
「自分が上に上げられるか」
「自分が下に下がらないように」
「相対的に自分が上に上がれるように、
相手を下げられるか」

ということが心にあります。


言い訳というのはこのうち、
「自分が下に下がらないように」
というものに当てはまり、

更に
「相対的に自分が上がるために」
言い訳をしつつ人のせいにする、
ということも巧みに行います。


しかしそれは
自己愛性人格障害者にとっては
本当のことだと
思い込んでいます。

周りからみれば言い訳だらけで
結果的に自分の価値を自分で
下げていたとしても、

彼ら、彼女らは
それを言い訳だなんて気付いてもいない
のです。


ですから、
誰のせいとか
そういう話ではないときも、

自己愛性人格障害者の
そういう
「自分を下げない必要がある」
話題に来たときは、

急に「こういう理由でこれをした
orあえてしなかった」

なんてエピソードを
長々と話し出したりします。