自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害のなにが問題なのか

自己愛性人格障害を持っていなくても、

人はみな、
自分のために生きています。

そして認められたいと
無意識に思っています。

誰かや環境のせいにして
その場をやり過ごしたり、
言い訳することもたくさんあります。


では自己愛性人格障害者の
なにが、問題になるのでしょうか。


自分が多く人間関係のトラブルを起こしても、
自己愛性人格障害者は、
それを自分のせいだとは
認識できません。


あくまで、
他人や環境のせいなのです。


ですから、
反省することもないので
相手にそれを察知されると
トラブルに終わりはなくなります。


そして自分のせいで
トラブルが起きたということも
分からない(本当は薄々分かっているが
逃げようとする)ので、

何度も同じトラブルを
他のコミュニティでも
繰り返します。



人に認められたいという気持ちが
あるのは同じですが、

自己愛性人格障害者は
「認められるべき、
認められなければ
認めない相手が馬鹿で
愚かだ」
という考えから離れられ
ません。



そして認められるための
手段を選びません。


そして相手を下げれば
自分が相対的に上がれるので、

最後まで「悪気は全くない」という形で
それを積極的に行います。



暴言を吐いても、悪口を言っても、
暴力をふるっても、
「悪気があるわけではない」
という言い分のまま。


そして、
自分がトラブルのもとであると考え、
相手の傷に対して痛みがあるならば、
人から離れて過ごすこともできますが、

自己愛性人格障害者は
自分自身がトラブルの元とも思えないし、
傷ついたのは相手の自業自得だと
考えるので、


人から離れて過ごす理由もないのです。


ですから、
いつまでも人と積極的にかかわり合い
続け、
自分が上がるために、
結果的に人をあらゆる手段で下げ続ける
人生を送ります。