自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「自己愛性人格障害者の相手をしてはいけない」段階

自己愛性人格障害者を

相手にしてはいけない。

 

という記述をみかけますが、

がっつり距離が近い状態にある場合に

「相手をしない」という態度をとると、

 

途端に自己愛性人格障害者は

「挑発行為だ」とみなし、

攻撃を始めることが多いです。

 

 

モラハラのサイトにも記載していますが、

自己愛性人格障害者は

そういう「変化」には敏感です。

 

ただ、「心の変化」にはかなり鈍感です。

 

 

ターゲットが自己愛性人格障害者を愛していようと、

そこから急激に冷めていこうと、

気付くことがありません。

 

 

ですから、

「精神的に相手をしない」・・・・

喋っていても相槌を打っていても、

心ここにあらずというような感じであっても

それを感じ取ることが出来ません。

 

 

自己愛性人格障害者の

コミュニケーションとは感情の発信が大事で、

感情の受信はほとんど重要でないからです。

 

 

モラルハラスメントを受けて、

「お前はこんなことも出来ないなんて

くだらないな!」と言われたとして、

 

反応したり怒ったり悲しんだりという

様子をみせればその方法をいつまでも

使うでしょうし、

 

心でそう思っていても

特に傷もついていないような対応を

していけば、

 

その攻撃はいつまでも使わなくなることが

多いです。

 

「お前はくだらない」と言うことで、

相手が傷ついたり怒ったりなどの

反応を見せれば、

「図星だな。お前はくだらない人間。

自分はそうじゃない」

 

という心の確認作業になるからです。

 

 

この、「自分はそうじゃない」

という最終結論を出すことが

モラルハラスメントの目的です。

 

 

相手から思った反応が得られず

その心の確認作業ができないことに

気付くと、

 

別の形で「自分はくだらなくない、素晴らしい存在」

ということを示さなくてはなりません。

 

 

ただ精神的に相手にしなくてもいい段階までくると

(自己愛性人格障害者を心底どうでもいいと

思う段階)、

モラルハラスメントは意味がなくなってきますが、

 

 

あまりに大声を出したり暴言を吐いたりすることが

「傷つくというよりただうるさいし生活の邪魔」

になることは続きます。

 

ですから本当は自己愛性人格障害者に

つかまる前(深く関わる前)でないと、

「相手にしない」という対応は

通用しないということになります。