自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自分の都合のいいように考える

自己愛性人格障害者の行動の目的は、
「自己愛を強化させる」
ということに尽きます。


そのために色々と行動を
起こすのですが、
その行動により思ったような
成果がでないと、

別の方法で自己愛を
満たします。
 

ですから、どんな些細なことでも、
「ものすごく都合よく考える」ことが
できます。


ちょっとしたことで
「やっぱり自分は偉いんだな」
「やっぱり自分は能力が
あるんだな」
「やっぱりかっこいい&かわいいと
思われているんだな」


と思えるということです。


ですから
たとえ普通の人からすれば
なぜそんな風に思えるんだろう?
というこじつけをしたりも
します。


ちょっとしたことで被害的になるのと
一緒です。
都合よく解釈します。


ですから、
いくら準備がすめば出ていくと言われても
すぐに出ていかれなければ
「自分のことがまだ好きなんだ」
と解釈します。


相手にも準備がある、
なんてことは考えません。

別居していても
離婚届をすぐに出さなければ、
同じように解釈します。



「あなたのことが嫌いだ」
と言われても、
自分に非があるとは思わず、

誰かに言わされているのだ、
何か理由があるのだと
思い込みます。


気になっている人間に
ちょっと挨拶をされただけで、
ちょっと優しくされただけで、

「ほらやっぱりあの人も間違いなく
自分のことが好きなんだ」

という思い込みに発展出来るのが
自己愛性人格障害者の特徴です。