自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自分を理解できない周りが間違っている

自己愛性人格障害者は、
周りからの自分の評価を高めようとします。

無論、最初は
「自分こそが偉いんだぞ」
「自分こそが正しいんだぞ(お前が
おかしいんだぞ)」
などということを言うことは
しません。


そういうことを
言うようになるのは、
ターゲットとある程度親密に
なったり距離感が近くなったりして、

他人と同化しようとしてしまう
時です。


それまでは
巧妙な操作で、
他人に「あれ?自分が間違っている
のかな?」
と思わせることがメインです。



しかし徐々に、
自己愛性人格障害者のいうことが

「つじつまは合っているのに、
何か無理やり」
「なんだか正しいことを言っている
割に、こじつけのような
気がする」
「あのときはああ言っていたのに、
一貫性がない」

ということが知られてきて、
どんどん他人の見る目が
変わってきます。


未熟な印象操作を
行い続けていると、
そうやってボロが出てくる
わけで、

どんどん言い訳も無理になってくると、

それはそれで自己愛性人格障害者は、
「こんなにまわりに言われるなんて、
自分が間違っているんだ」
とはなりません。



「自分の崇高な考えは
周りの低脳なやつらに
理解できないのは
当たり前だな」
という考えに至ります。


あくまで自分は論理的に物事を考える
ことができていて、
論理的に話ができていると
思い込んでいます。

ですから、そういう自分の
話を理解できない周りが間違っているという
考えにしかなりません。


明らかに話に一貫性がなく、
加害者側は彼らであるのに、

その加害行為は
彼らのなかでは「正当防衛」と
みなされています。


たとえ組織の他の誰一人として
自分の味方をしなくても、

よく事情を知らない人間に
「あの組織でいじめられている」
「自分は正しいのに」
というふうに組織外から印象操作を
しようとし、


加害行為について責められれば責められるほど
「ほら自分は被害者だ、
自分は正しい」という考えから
抜け出すことができないのです。