自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

ターゲットと自分は「一心同体」

自己愛性人格障害者は、

ターゲットと自分を一心同体だと

思い込んでおり、

 

たまにそれを発言したりもします。

 

ターゲットは、

まだ相手に恋愛をしている段階だと、

「そんなに想ってくれるなんて、

嬉しい!」

なんて考えたりしますが、

 

自己愛性人格障害者は、

ロマンチックな意味合いで

そんなことを言っているのではなく、

 

「本当に」自分と同じような

存在として

見てしまっているのです。

 

自己愛性人格障害者は、

自分を偉大だと思っていますが、

その根底には「自分は惨めで小さい」という

心の認識があります。

 

ですからそれを守るため

偉大だと思い込んでいるのですが、

 

根本にはそういう「惨めで愚かな自分」というものが

あるため、

自分を粗末に扱うことがあります。

 

 

そして、その惨めで愚かな自分と

同じ存在のターゲット、と考えやすいので、

 

ターゲットを粗末に扱うというのは、

自己愛性人格障害者にとっては

当たり前のことで、

 

暴言・暴力を使っても

謝れというのはおかしい、

離れたいなんて思うはずもない、

 

だってお前は自分の一部なんだから

文句を言うのもおかしい。


だってこの自分が離れたくないの

なら、

お前も離れたくないはず。

 

離れたいというなんて、

自分たちは一心同体なのに

それ自体もおかしい。

 

というふうになるのです。