自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「謝罪だけ」「反省だけ」で終わることが出来ない

自己愛性人格障害者の言動の

最終目的は、

 

「自分の評価を高めること(時には人を下げる

ことで・時には自慢で)」

「自分が負いたくない責任を負わないようにすること」

です。

 

 

ただ単に攻撃したいわけではなく、

その最終目的のために攻撃したり反省したり

という態度をとります。

 

 

ですから

相手に対して「こうすればきっと

こういう反応が返ってくるだろう」という

打算的なものなので、

 

攻撃も反省も、

全てはそういう意図が含まれています。

 

 

攻撃されて相手が恐ろしいと思えば、

服従して自己愛性人格障害者の

思い通りに動いてくれるでしょうし、

 

反省を見て相手がかわいそうだと思えば、

自己愛性人格障害者がどんなに酷いことを

していたとしても、許してくれる

(自分の元に帰ってきてくれる)でしょう。

 

 

その「反応」が返ってくるものだと、

信じて疑いません。

 

ですから、

「相手が帰ってくるために」

謝罪したり、

 

「相手が萎縮して言うことを聞くように

なるために」

怒ったりするわけです。

 

どちらも、

「自分の思い通りにしたいから」そういう

言動をとります。

 

ですから、

怒ったり謝罪したあとに、

自分の思ったような反応が返ってこないと、

また別の方法をとるわけです。

 

暴力をふるえる位置にいるなら

暴力をふるってどうにかコントロール

しようとしますし、

 

脅迫でどうにかなりそうなら

脅迫を使います。

 

 

それでも難しそうなら

また泣いて謝罪をしたり、

怒って罵詈雑言を浴びせたり、

また脅迫したり・・・

 

というアクションを繰り返します。

 

そういう意図があるので、

謝罪の中にも

 

「でもそういうつもりじゃなかった」

「お前がああしていなければ」と

どんどん謝罪文でない言葉が

顔を見せてくることがあります。

 

 

相手が思ったような反応を見せていないと

分かると、

「謝罪だけ」「反省だけ」で済ませることが

できないのです。