自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

モラルハラスメントは我慢できるものではない

自己愛性人格障害者にとって、
他人への攻撃というのは、
自らが生き延びる術です。


我慢が足りないから人に攻撃するのだ、
みんなそんなことでは怒らないのだから
もっと我慢しろ、

なんて自己愛性人格障害者に言っても、
そんな言葉は通用しません。



コントロールしたい欲というのは、
コントロールしたい衝動にも
近いものであり、


それは「感情」でもあるから、
我慢でどうにかなるものでも
ないのです。


しかも、自分が行う攻撃には
正当性があるというのが
彼らにとっての真実ですから、


こちらが攻撃を被っているのに
なぜ反撃は駄目なのだ、
お前が言っていることはおかしい、
という解釈になってしまいます。


自己愛性人格障害があると、
具体的にどんな被害にあったかは
言うことが難しいのに、

「これだけ被害にあっている」
という恨めしい気持ちだけは
強く残るからです。

彼らにとっては、
それだけで充分被害を受けているという
証拠になりえます。

そして無理やり後付けでこういう被害が
あったああいう被害が…と述べますが、

それよりも被害を受けているその
強い恨み、感情のほうが重要で、
それを裏付けるために必死になっている
だけです。


そして相手に人格障害というものが
ある以上、


モラルハラスメントは
「症状」です。


相手を支配してやりたいという、
支配出来るのが当たり前だと
思い込んでしまい実際に
支配するために行動してしまう

「症状」です。


世の中の精神疾患のあらゆる症状が
押さえ込めないように、

「幻覚」は幻なのだから
真実ではない目を覚ませといっても
その幻覚自体が押さえられないのと
同じで、

モラルハラスメントも
我慢してどうにかなるものでは
ありません。


自分というものが非常にぼんやりしていて、
不確かな自分を確かな自分にするために
動いているため、

「支配をやめろ」と言うことは
間違いなく自己愛性人格障害者の
自己像を脅かす加害者の言葉として
捉えられてしまうのです。