自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害者がどんな人物でも、どうでもいい

自己愛性人格障害者は、
被害者に対して愛情が深いとか
嫉妬深いとか、
そういう見方をされやすいです。



ただ愛情が深くもないし、
いわゆる嫉妬深さとはまた少し違います。


たとえば被害者側が浮気をしたり
不倫をしたとします。



もしそれが理由で帰ってこないとしたら、
なにがなんでも自分の正当性を
主張して
怒り狂ったようにして引き戻そうと
するか、

被害者を直接攻撃、破壊しようと
します。



ですが浮気や不倫したとしても、
自分のもとから離れないと
分かっているなら、

永遠にその浮気や不倫を、
被害者を責めるネタにするだけです。



自己愛性人格障害者は、
相手が浮気や不倫したからと
いって、

「もうお前なんか捨ててやる!」
…という態度をとったとしても
本当に自分から切ることはしません。


ですが、相手が何をしているか
やたらと気にすることはあったり
します。


それは愛しているからとか嫉妬から
というよりは、

「相手は悪どいやつだから、
責められるべきことを
やっているはずだ」
「相手の行動をすべて把握しないと
(自分の一部だから)気持ち悪い」

という妙な理由からです。



その不倫で怒り狂ったようにしていても
心底傷ついたようなふりをしていても、

それはどこか不自然です。


なぜなら自己愛性人格障害者には
「待っていましたよ、これでお前は
やっぱり徹底的に責められても仕方のない
人間になったね!」

という心の喜びが
無意識の中にあります。


被害者側を引きずり下ろすのに必死に
なる自己愛性人格障害者は、

浮気や不倫の確たる証拠がなくても、
ただ自分が騒いで相手が出ていっただけで、
浮気だ不倫だとやたらと騒ぐことが
あります。


ですが被害者を引きずり下ろさなくても
浮気者になってくれれば、
現実として

「評価が勝手に落ちた、
いくら責められても仕方のない
悪人」

に被害者がなってくれるわけです。


ですからそんなやつとはもう付き合えない!
自分の心が痛くなる!
とはなりません。

相手が浮気しても不倫しても、
自分のそばにいるなら、
痛くもかゆくもないのです。

格好の餌になってくれた被害者のそばにいて
攻撃し続けるほうが自分の利益に
なります。


ですから、自己愛性人格障害者も、
「あなたがどういう人間でも
自分から別れることはないよ」

と、相手を愛しているからではなく
相手の人格はどうでもいいからというような
発言をすることもあります。