自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

人格障害は総じて「自分がない」

依存性人格障害であろうと

自己愛性人格障害であろうと、

 

とにかく「自分がない」と

言うことに尽きます。

 

 

そんなこと言っても、

こだわりが強すぎるように

感じるんですけど・・・

といわれるかたも

いらっしゃるかもしれません。

 

 

その症状は、

こだわりが強いことというよりは、

 

こだわりがなさすぎて、

とにかく自分と他人の境界が

なさすぎて、

 

「周りと一心同体

(意見も心も一緒)で

あるべきなのに、

 

なぜか周りは

自分に反することばかり

するし言う」

 

ということを

常に考えてしまっているだけです。

 

自分と完全に意見が一致したり

感情が一致する者がいたとしたら、

 

それはクローンです。

 

自分が何も言わなくても

心を理解して、

なんでもやってくれる。

 

奴隷でさえ出来ません。

 

 

しかし、

それが心で理解できないのです。

 

 

自分がないから、

他人と同化しようとします。

 

自分がないから、

他人の名言や提案などは

どんどん自分のもののように

取り入れてしまいます。

 

その場限りの

正義を貫き、

 

状況に応じて

コロコロと意見を変えて

気分を変えていきます。

 

 

自分がある人間は、

 

 

外的要因でコロコロと

自分の気分や自分の意見を

変えることなど

まずできないのです。

 

それは、

自分を冒涜する行為と同義だからです。

 

しかし、自己愛性人格障害者は

自分を持つよりもまず

 

自分がどういえば賞賛をもらえるか?

どういえばより正義感が強くみられるか?

どういう行動をすればより素晴らしい

人間でいられるか?

 

そちらを重要視するほうが先なのです。