自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者のターゲットにされないためには

自己愛性人格障害者にターゲットに
されないためには、
まず必要以上に「譲歩する」
という思考のクセをやめないといけません。



自己愛性人格障害者のターゲット選びと言うのは、
別に「意識的に」やっているわけでは
ありません。


自己愛性人格障害者というのは、
「あ、こいついじめやすいだろうな。
いじめよう」
なんて思ってもいません。


どんなにターゲットに酷いことを
したとしても、
相手を愛しているから
配偶者(交際相手)と一緒になったのだと
思い込んでいます。


が、
ターゲットになりやすいひとは、
些細な攻撃も、
「気にしない」
「許す」
ということをします。


つまり、相手に合わせやすい、
迎合しやすいのです。


よく言えば「優しい」、
心が広いように感じられますが、

被害者は選んでそうするというより、
「そうしてしまう」のです。


被害者は、
相手の間違っていることを
指摘することも嫌いますし、

加害者の「悪気はなかったんだ」
というのを
必要以上に信じこみます。


自分が嫌われていると
思いたくもないし、
自分が嫌っているということも
思いたくないのです。


人を嫌ってもいいし、
許せないことがあってもいい。



この人が嫌いだ、
この言葉が嫌いだ、
こういう行いは許せない。
許せても、面白くない。

そういうものを全部
無意識下に押し込めてしまう
クセがあります。

つまり必要以上に
我慢したり、
嫌じゃない大丈夫、と
思い込んで乗り切るタイプです。


そういうタイプは、
自己愛性人格障害者に
つけこまれます。


心の動きを無視して、
倫理観ばかりに気をとられていると、
まさにその倫理観を利用した
モラルハラスメントで多大な
ダメージを受けてしまうので、

まず自分の心が
嫌だと思っているかそうでないか、
というのは気にするように
してください。

自己愛性人格障害者は、
「自分を主役にしてくれる」
「自分のことを考えてくれる」
「少し嘘をつけばすぐ信じてくれる」
人を好みます。

自分中心でいるひとはまず、
ターゲットには選ばれません。


ターゲットに選ばれてから
自分中心に移行しても
遅いので、

まずはそういう「嫌ったり嫌われたり
したくない病」から
抜け出すことが必要です。