自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

離婚を言い出すとありとあらゆる方法で脅迫してきます

たとえば
自己愛性人格障害者の
夫に、
そうでない妻が離婚を
切り出した場合。


「こっちの親族には
お前が全部説明しろ。

お前が言い出したことだから
説明責任をお前が
果たすのは当然だ。

こどもたちももちろん
全員が離婚に承諾しなければ
離婚はしない。

こどもが離婚が嫌だと
言うのに離婚するなんて
非道なことは
できないからな。

それでも離婚するというなら
こどもは置いていけ」

と、
夫は
到底無理なことを
要求します。



これは、
「妻とこどもを愛して
尽くしている夫に
急に離婚を言い渡した
妻」
に怒りに任せて言うのなら、

無理難題でもしょうがない
要求かもしれません。



ところが、
自己愛性人格障害者と
ターゲットの関係性である
場合、


「ひたすら妻を暴言暴力で攻撃
してきた夫に、
恐怖に怯えながら
離婚を言い渡した妻」
になります。



自己愛性人格障害者に
ターゲットにされやすい人
というのは、

上記のように、

「離婚なんてとんでもないことを
お前が言い出したのだから
この条件を飲め!」

と言われると、

「確かにそうだ…。
やっぱりこうなる…。
やっぱり離婚なんて出来ない」
と必要以上に萎縮します。


その理由として、
自己愛性人格障害者に、
お前の考えは悪だと
洗脳されてきたことが1つ。


そして
妙に責任感の強い
ターゲットは、
それを利用され、
「責任を果たせ」と言われると、

「それもしないで
離婚なんて出来ない!」
と考えてしまうことが一つ。


それに洗脳がとけてきていても、
「周りに迷惑をかける」
「周りを巻き込む」

というのが怖くて
たまらず、

特に「こども」というキーワードを
出されると、

萎縮してしまうことを
自己愛性人格障害者は
よく分かっています。



知らんよそんなの。
とにかく離婚したいんだから
そっちでどうにかして。

と言って離婚してしまえるひとは、
まずターゲットになって
いません。



自己愛性人格障害者の脅迫は、
他の人からしてみれば

「こどもを置いていけなんて
聞かなくていいから、
そんな暴力男から
はやく逃げなよ!」

と言えるものでも、

自己愛性人格障害者の
どこまでも恨みどこまでも粘着する
性質を知っている
ターゲットからすると、

すべての行動が出来なくなる
呪いの言葉のようなものです。