自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

新たな被害は止められない

自己愛性人格障害に関する
情報を発信しているサイトを
みていると、たまに、

「こういう特徴がある人は
自己愛性人格障害者の可能性が
あります。
付き合わないようにしましょう」

という文面をみることがあります。



ですが実際には、
そういう特徴が出てきている頃には、
もう近い距離にいる場合が
多いです。


もし相手が本当に自己愛性人格障害者なら、
近い距離という認識があるからこそ、
相手はその人に対して
モラルハラスメントをしてきている
からです。


自己愛性人格障害があっても
近くもない距離の人間に
モラルハラスメントはしません。


ある程度仲良くなったから、
相手はどんどん境界が曖昧に感じてきて、

「支配してやりたい」と思って
近づいてきています。



そして近づいてきているということは、
その人が被害者になりやすい体質、

ということは自己愛性人格障害者に
目をつけられやすいだけでなく、
その人自身も自己愛性人格障害者に
惹かれやすい性質があるといえます。


そこまでいくと、
たかだかサイトの情報よりも、

「いいや、この人は違う。
この人の孤独は、自分がなんとか
してみせる。

なんとかこの人とうまくやってみせる」

というような、決意にも似た想いを
抱き、

自分は相手を愛しているという
気持ちを最優先します。

人間、自分自身の手で答えを知り
たがるからです。


でも、逃げたいと思ったときには
もう逃げられない、
逃げるとしたら大被害を被るほどの
支配性があり、

自己愛性人格障害者への気持ちがなくなっても、
確実にストーカーにあいます。

けれどもその逃げるときの労力も
向き合い続けることの労力も
知らないので、
皆自己愛性人格障害者への魅力に
はまってゆきます。


結局支配から抜け出そうとするくらいまで
被害を受け、その愛情がなくならないと、

自己愛性人格障害から逃げるなどという
事を思い付きもしないのです。