自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

元夫に対し住民票・戸籍の附表の閲覧制限をかけましたので、その手続き方法や経緯を紹介します

少し前に元夫に対し、

住民票・戸籍の附表の閲覧制限(戸籍・住民票のロック)

手続きを行いましたのでそのときの話をご紹介します。

 

※私の場合は配偶者ですが、

親から子への過去の虐待でも可能なようです。

 

 

 

まず最初のきっかけは、モラハラ加害者であった

元夫がストーカー化したことです。

 

それまで、私は暴力を振るわれたことも

あり、証拠もいくつか持っていましたが、

 

「警察」というものを利用しようとは

思っておらず。

 

別に刑事罰を与えたいから証拠をとっていたのではなく、

あくまで離婚をごねられたり裁判になったりした時に、

困ったことにならないように、と思い

こつこつ録りためていたものでした。

 

離れてしばらくは反応を徐々に減らしていたので

向こうからの反応も減ってきていましたが、

 

途中からかなり執拗に電話やメールが来るようになり

(予想はしていましたが)、

 

1分刻みで(というか1分間に何度も)夜中も

着信があり、

さすがになぜそうなるか分かっていても

心にこたえました。

 

 

夜が明けて、

このまま無視するほうがいいのか

少しは反応したほうがいいのか(データ的に)

警察に意見を聞こうと思い、

警察にいったくらいでした。

 

話がスムーズに通るよう、

録りためていた証拠や

その他の証拠品も持って。

 

 

警察に行き総合案内で尋ねると、

すぐ奥の部屋に通され、

どういう状況なのかを聞かれました。

 

私の話の後に、

録りためていた分や

自分のスマートフォンにきた着信履歴・

メールなどの証拠を確認・記録してもらい

(該当するようなメールや着信履歴は

警察の方が写真に撮っていました)、

 

被害届の記載、110番システムに登録したりなど、

警察にいた時間は計3時間ほど。

 

 

ストーカー被害により警察に行きましたが、

もともと数年ためていた分では

DV(暴言暴力)の証拠のほうが

目立ち、

 

「配偶者暴力規正法」に該当するとされ、

それに基づく「住民基本台帳事務における支援措置申出」が

可能という判断でした。

  

 

f:id:lcorocoro:20180116200706j:plain

 

親に対する閲覧制限はCに当たりますね。

 

 

他のところは分かりませんが、

私の住んでいるところはこういう案件があって

DVやストーカーが認められると

警察が市役所に行き連絡をして、

 

被害者から閲覧制限の届出に対して

市役所の人にまた一から説明しなくても

いいようになっているようでした。

(※必要もないひとが

むやみに制限をかけたりしないように

するための防止策かもとも思いましたが・・・・)

 

 

というわけで警察署に行った後日、

市役所に行き、

閲覧制限の申請書を出しました

(転居前の市役所から貰っていたものでした)。

 

 

正確には「住民基本台帳事務における支援措置申出書」

と呼ぶようですが、

申請書を貰ったのも出したのも「市民課」でした。

 

印鑑・身分証明書(免許証や保険証など)は

必要でしたので、持っていったほうがよいかと。

 

 

もし子どもがいる場合、 

離婚していても子については

元配偶者の実の子にかわりは無いので、

子どもに対しても閲覧制限をかけないと

意味がありません。

 

自分の作った戸籍に入籍前でも構いませんので、

子どもの分も閲覧制限をかけましょう

(子の欄もあります)。

 

自分の作った戸籍に入籍後も

再手続きすれば閲覧制限が継続してかけられます。

 

 

 

ここらへんは、

市役所の人が色々書き方を

教えてくれると思います。

 

申請書を市役所に出した後は、

事務手続きとしてお任せです。

数日経過すると

閲覧制限がかけられます。

 

 

申請書には相談機関(この場合警察)

の記載欄がありますので、

警察に郵送してそれを書いてもらい、

また返送のための期間があるからです。

 

 

 

端的にいうと、

 

警察署などの機関に相談にいき

ストーカーかDVか児童虐待を認められる

 

→住民票を置いている(あるいは

すぐ転入する予定の)役所に行く

 

→「住民基本台帳事務における支援措置申出書」を

書き、申請する

 

→あとは相談機関の記載を貰い、

市役所の手続きを終え閲覧制限へ

 

・・・の流れになると思います。

 

ちなみに支援期間は「申請から1年」です。

延長するには手続きが必要です。

 

まだ1年経過していないので

経過前にお知らせが来るのかどうかは

不明ですが、お知らせは来ないものと考えて

行動したほうがいいと思ったので、

スケジュール帳に記載しておきました。