自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者のいう「裏切り」とは

自己愛性人格障害者のいう「愛し合う」とは、

自分が支配し相手が支配されることです。

 

もちろん、

自己愛性人格障害者は

「愛し合う=自分が支配し相手が支配されること」

だなんて認識はありません。

 

あくまで、

自分は相手を愛しているし、

相手も間違いなく自分を愛していると

思っています。

 

そして、

ターゲットの愛がなくなっても、

自己愛性人格障害者は

気付けません。

 

ターゲットが自己愛性人格障害者を

愛していようが愛していまいが、

その表現をしようがしまいが、

 

自己愛性人格障害者自身が被害者として

振舞わなければならない状況になれば

 

「自分は愛されていない。お前は冷たい」

という立場をとりますし、

 

逆に自己愛を満たさなければならない

状況におかれれば、

どんな些細なことでも

 

「やっぱりこいつは自分のことを

愛しているんだ!」

 

という思い込みに至ります。

 

 

被害者でなければならないがゆえに

「愛されていない自分」を演じ、

でも実際に自分は愛をもらえない人間だなんて

思うことは無理なので、

「何があっても愛される自分」を演じ、

 

その両方で揺れ動きます。

 

 

相手が本当は愛しているかどうかなど、

自己愛性人格障害者にとっては

関係ないのです。

 

ですから明らかに嫌われたとしても、

それでも「心」でその情報を

受け取れず、食い下がります。

 

 

「自分のことが嫌いだろうけど、

自分はお前のことを愛している

(本当は好きで好きでたまらないんだ

ろうな)」

「離れても家族だから」

「いつでも手助けをしたいと思っている」

と、

 

ターゲットの

「あなたが嫌い」「離れたい」「気持ち悪い」

という気持ちを

まるで聞いていないかのような

態度をとります。

 

自己愛性人格障害者にとって、

ターゲットが自分を嫌うなどという

権利はないのです。

 

そう思う時点で

「裏切り」です。

 

 

「自己愛性人格障害者が何か

ターゲットに対してとても嫌がることを

し続けたとしても」

その嫌という気持ちに共感することは

できません。

 

共感したふりがうまくても、です。

 

ですから、

そんな理由で離れるターゲット自体に

問題があるのだ、

離れるのは裏切りだ、というふうになります。

 

もっと正確にいえば、

「相手が自分のせいで自分を嫌っていて

離れたがっている」という事実が

あったとしても、

 

自己愛性人格障害者はその事実を

つきつけられることを嫌います。

 

ですからどんなにつきつけられても

それを否認し、

 

なんとかして別の理由で勝手に

離れようとしているのだ、

本当は離れたくないのだ、という

方向に持っていこうとする力が働きます。

 

その事実をどうやってもつきつけられて

しまうこと、

その事実から逃さないことも

自己愛性人格障害にとって

許せない裏切りなのです。

 

ですから、近い距離にいた場合、

その事実をつきつけることは

非常に危険です。 

 

 

「永遠の愛」とは、「永遠に支配し支配されること」

であり、

「事実は自己愛性人格障害者の都合の

いいように扱う」ことを求めます。

 

自己愛性人格障害者は、相手にどういう

行いをしても相手が裏切ることなく

受け入れ続けること、

それを望んでいるのです。