自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「対応次第でモラハラ加害者に変身する」わけがない

自己愛性人格障害者は、

どこにいても、

何をしていても、

誰が傍にいてどう対応したとしても、

 

「もとから自己愛性人格障害者」です。

 

 もちろん、生まれたときからという

わけではありません。

 

小さい頃からの、

親などの偉大な存在からの

影響にて、

 

いつのまにか自己愛性人格障害者として

育っています。

 

 

つまり、根本は、

「親とのかかわり」です。

 

 

「じゃあ自分が親に与えられなかった分の

愛情も与えてやろう」

「自分が支えとなるのだ」

という、対症療法ではどうにもならない問題なのです。

 

 

なぜなら、心の発達というものが一度

失われてしまうと、

 

その後、それが全てになります。

 

自己愛性人格障害者は、

言い知れぬ不安や世の中に対する恨みを

抱えながら、

 

しかもなぜそうなるかを理解する力もないまま、

大体は一生を過ごすことになります。

 

優しさをもらえば自己愛を満たし自己愛は肥大し、

厳しさをもらえば攻撃とみなし行動化につながり、

なにもしなくても常に自己愛性人格障害者の

心は揺らぎます。

 

全ては、「適切な時期に」「適切な対応を」

されてこなかったからです。

 

 

たとえ配偶者だったとしても、

ひょっと人生の中に出てきた誰かが

それを埋めようとしても、

もうそれを正しく受け取るだけの力がないのです。

 

正しく世界を見る心の目もありません。

 

ターゲットが自己愛性人格障害者に

仕立て上げたわけでもなければ、

ターゲットのせいで暴言を吐くわけでも

ありません。

 

人がどうだろうが世界がどうだろうが、

世の中を自分の都合のいいように、

歪曲してみてしまうのです。

 

自己愛性人格障害者は、

ターゲットと出会うころから既に

「そういう仕組み」なのです。