自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

騙されやすい自己愛性人格障害者

 自己愛性人格障害者は、

一見疑り深くみえるので、

騙されにくいようにみえます。

 

 

ただ自己愛性人格障害者の

弱点ともいうべき

「どうしても似通ったパターンの

行動をしてしまう」ため、

 

ターゲットのように被害が加わりやすいような

立場にいると騙しても被害が倍以上になって

返ってくる可能性が高いため

意味はあまりないですが、

 

それ以外の、実害が加わらない位置にいる

人間にとっては、格好の獲物です。

 

 

自己愛性人格障害者は 

「自分の評価が高める」

「自分の評価を落とさない(誰かの

せいにする)」

「人を貶める」機会があれば、

それにすぐ食いついてしまいます。

 

周りの人間にそれを見抜かれてしまうと、

いいように操作されるようになるのも

また特徴です。

 

 

ただ特定の人からの評価を上げるために

必要があれば他人の個人情報を晒したり、

中身もよく分かっていないような署名を

熟知しているふりをして書いたり

他人に書かせることに躍起になったり、

 

 

自分が誰かに悪口を言われたと分かると

その誰かに執拗に報復しようとしたり、

 

とにかく自己愛に結びつくような情報を

「何か理由があるのかもしれない」と

立ち止まったり、

「スルー」することが出来ないのです。

 

自己愛に関連しないような情報には

興味も示さずただその時その時の

「それっぽい正義」を提示して

事を済ませる割に、

 

そうでない情報への執着はすさまじい

ものがあります。

 

ですから、

その特性を見抜かれていると、

自ら墓穴を掘ることになります。

 

「それは嘘では?」と思うまえに、

「自分の評価を下げたくない」

「誰かを貶めたい」欲求に

ひっかかる情報が入っていると、

 

話を疑う前に

そちらに敏感に反応してしまうからです。