自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「自分はいじめられている側だ」という形をとっていじめます

自己愛性人格障害者は、

ただ単にいじめる、酷いことをするという形は

とりたがりません。

 

 

本人は自分のことを

正義で、思慮深いと思っているし、

 

ただ単に苛めれば、

自分が悪者であるということが

周りにも知れ渡ります。

 

そんな、あからさまに自分の評価を

下げるであろうことは

しませんし出来ません。

 

 

だから、

「自分が被害を受けているんです」

という形を第三者にして、

それを攻撃材料にします。

 

大体は言葉だけで、

「あの人にああいう被害を受けている」

と言いふらし、

 

周りもそれを鵜呑みにすることで、

「あの人はいじめをする人なんだ。

酷いな」

と評価を下げてしまったりするのです。

 

何度も同じことを言われると、

人はすぐ騙され信じると

自己愛性人格障害者は

理解しています。

 

 

しかしその被害というのは、

自己愛性人格障害者にとっては

「思い込み」に過ぎません。

 

そして、

ターゲットに攻撃しているという

事実を認めなかったり、

 

認めざるをえない状況に

なっても、

「お前が酷いことをまずしているんだろう」

「あくどいことを考えているくせに」

と必ず相手発信にしようとします。

 

「正当防衛だ!」という

形にすることで、

相手への攻撃を正当化しようとするのです。