自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自分で自分を褒め称えられる「報酬」を欲する

自己愛性人格障害者にとって、

賛辞というのは最高の報酬です。

 

もちろん、

賛辞を受けなくても、

適当な社交辞令であったとしても、

 

まるで褒め称えられて

いるかのような

感覚に陥ります。

 

ちょっとしたプラスの要素が、

まるで自分を飛び上がらせる

エネルギーのような、

 

すべてうまくいくのが

やはり当たり前なのだという

感覚に陥らせます。

 

自分が正義でいられるために、

その場だけの意見を述べ、

 

自分だけが利益を得るための、

周りがどう迷惑を被ろうが

関係のない、

 

効率的な方法を

編み出そうとします。

 

 

それをすると、

他の人の評価が下がり、

他の人の迷惑になると

分かっていても、

 

多大な自分の利益に

なるのなら、

喜んでそれをします。

 

 

しかし最終的には、

自分は偉いんだと

自分で認識できること、

 

自分はやっぱり悪くなかったんだと

自分で認識できること、

 

 

それこそが最高の報酬なのであって、

他の人からの評価が地に落ちたとしても、

 

「自分さえ」

自分は偉い、

自分は悪くない、

自分を理解していない周りが悪いと

認識していればそれでいいのです。

 

どちらにしろ、

「自分が」他とは違った視点で

物事を見ることができる、

 

周りは凡人でどうしようもなく、

ただた生きているだけの人間に

みえてしまいます。

 

 神経症や人格障害者は

そういったところがありますが、

自己愛性人格障害になると

よりその特徴が顕著になります。