自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「そんなつもりはなかった」

自己愛性人格障害者は、

自分の言葉で傷ついた誰かが

そのことを表明したとき、

 

「そういうつもりはなかった」

「自分の言った意味を誤解している」という

態度をとります。

 

 

誤解ではありません。

そして、そういうつもりはなかった、

というのも偽りです。

 

 

自己愛性人格障害者は、

明らかに「そういうつもり」で

人を傷つけるために

暴言を吐いたりします。

 

 

ですが、

「指導のつもりだった」

「しつけのつもりだった」

「愛しているから、心配だからだ」

と言ってしまえば、

 

一転、自分は正しいことをやっていたつもりで、

傷つけたのは不可抗力だ、ということに

してしまえます。

 

「自分は正義の名のもとに

それを行なっていて、

それを理解できない相手が

おかしいよ」

という主張に変わっていくのです。

 

 

そして、

「そんなつもりはなかった」というのは、

「傷つけたつもりはなかった」ではなく、

 

「そんな風に騒ぐとは思っていなかった」

という意味が適切です。

 

自分がどんなに攻撃しても

しっぺ返しを食らうとは

思っていない自己愛性人格障害者にとって、

そんなふうに「傷つけられた」と騒がれることこそ

心外なのです。

 

明らかに相手を傷つけるために

言っているにも関わらず、

相手の傷を理解することができない

自己愛性人格障害者は、

 

「言ってやった」という達成感はあっても、

「存分に傷つけてやった」という達成感が

ないので、

 

酷い暴言を繰り返しても、

「そんなことで、本当に傷つくわけがないし、

本当に傷ついたとしてもそれは

お前が間違っているからだ」

 

と思っていることも

多々あります。

 

「傷ついた相手が間違っている

=自分は間違っていない」

という考えから

離れることができないのです。