自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「自己愛を満たすために」合理的がどうかだけが重要です

自己愛性人格障害があると、

全てを合理的に行なうことを

好みます。

 

問題は、

「それが現実的か」

「現実問題として、合理的といえるのか」

はどうでもいいということです。

 

あくまで、

自己愛性人格障害者にとって、

自己愛を満たすのに

一番合理的な方法であるか、

というのが重要なのです。

 

 

ですからターゲットから見ていて、

「どこが合理的なんだろう・・・」

「何度も同じこと言っていたけど、

この前も出来なかったことだよね・・・」

「またおんなじようにうまくいかなくて

不機嫌になるだけなのに」

 

呆れてしまうことさえあります。

 

誰がどうみても、

合理的ではないのです。

 

しかし彼らにとって、

それが最善の方法です。

 

なぜなら、彼らはそれが出来ると

信じて疑わず、

 

もし出来なくても、

人や環境のせいにすれば

いいだけなので、


リスクは負わずにすむわけです。


 

そうやって人のせいにすれば、

相手を落とすこともできます。

 

物事が成功するより、

成功しない理由を人のせいにして

相手を貶め「周りは自分より無能なのだ」

とレッテルを貼ることこそが、

 

彼らが生きていく

大きな力になるのです。