自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の「自分さえよければ」とは

自己愛性人格障害者は勿論、

不必要に評価を下げないために、

「自分さえよければ」

というような言動は公の場では

慎む傾向にあります。

 

しかし、支配欲というのは

慣れれば慣れるほど

どんどん表に出てくるようになるので、

 

比較的人数の

多いグループでも、

 

自分が強い立場にあったり、

そのグループに長くいると、

 

「この人は、自分さえよければ

いいのではないか」

と感じる人間が増えていきます。

 

特定の人を蔑んだり、

「あの人がこういう悪口を

言っていたよ」と吹聴したり、

 

人の手柄を

自分の手柄のように横取りしたり。

 

 

しかし、「自分さえよければ」とは言わずに

「お前のために」

「グループのために」

「こうしないと、人としてダメだぞ」

という言い回しを好むのと、

 

色々と人に譲ってしまう、

気の弱い人・立場の弱い人を

ターゲットにしたりするので、

 

なかなかそれに気付くのが

遅くなります。

 

気がついたときには

被害が拡大(そのグループ内で

揉め事が起きたり、

グループの機能を果たさなくなったり)

しています。

 

そうなるとどれだけ

うまく素晴らしい人間の

ふりをしていても、

 

結局は「自分の評価を上げるためだけに

画策している事実」が、

周りからの評価が下げていくわけですが、

 

それでも自己愛性人格障害者は

「自分が能力がないからって

そうやって人の足を引っ張るの?」

「被害を受けたなんて言うけど、

事を起こした事実なんてどこにもないよ?」

「自分が勝手に悪いふうに

とらえているんじゃない?」

 

と自己保身をします。

 

つまり、

他者からの評価が結果低くなっても、

それはそれで

「自分の思想をまるで理解できない、

頭の悪いお前らが悪い」

という考えに達するので、

 

「自分さえよければいい」

というのは

「自分が自分の評価さえ

保てればそれでいいのだ」という

意味合いもあります。

 

 

結局、

「反省する気がないんだな・・・」と

周りの目から見ると

すぐ分かりますが、

 

それでどれだけ評価が落ちたとしても、

自己愛性人格障害者は

「周りが悪いのだ」と思い込めば、

それで自分自身は守られるのです。