自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「他人は他人」という考えがない

自己愛性人格障害者は、
境界性人格障害者と同様、
「他人は他人で自分とは全く
違う存在、
確立した考えがある」

…という考えを抱きにくく、

そのため自分の感情や悪意をまるで
他人が持っているかのような
錯覚に陥り、
実際にそうだと確信してしまっています。


自分自身がそういう線引きが出来ないため、
自分自身というものも
非常に曖昧で危うい存在です。

こだわりがとても強いようでいて、
実際は確固たる意思や信念を
持っているわけではなく、


「ものすごく不快であり、
自分を不快にしようとしている
やつがいる」
ということに対してのみ
「自分を守るために」強烈に反応する
必要があります。


だからこだわりが強いのではなく、
自分を必死に守ろうとしているので
強い抵抗になってしまうだけです。


本人は「自分はこういう人間だ」
「ここはこういう理由で
こうあるべきだと思っている」
「お前はこの立場にいるのだから
こうするべきだろう」

と訴えるのは、

不快になりそうな状況(なにか面倒なことを
引き受けないといけない、
責任を負わされそう、
思い通りにいかなさそうなど)
をとにかく避けるための
「もっともに聞こえる」意見を
並べているだけです。

そのためだけに必死に
主張するだけで、
「自分というものが確立している」
わけではないのです。


それを自分だと思い込んでいる、
それだけです。


言っていることに一貫性のない
自己愛性人格障害者の
一貫したところは、
「自分の思い通りにならない場面を
出来るだけ避けるための」
行為を必死に行う、という部分になります。