自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

エリート街道を突き進んでも劣等感が埋められない

自己愛性人格障害者は、
「満足」はしません。


強い劣等感ゆえに
高い地位や高い評価、
高学歴を求める傾向にありますが、

その通りエリート街道を進んだからといって
「満足感」が得られたり、
その強い劣等感を埋めることは
できないのです。


もちろん、
高学歴、高い地位、
役職というものを手に入れれば
それは「こういう地位だから
権利がある」と

自分がどれだけすごい人間で
どれだけ人に指導する権利があるかという
ことを正当化しやすくなり、
「この自分に向かって」という
気持ちも限りなく増幅していきますが、


高学歴がなくても
自己愛性人格障害者だと
「この自分に向かって」という気持ちは
勝手に増幅していき
あらゆる正当性を主張するのも同じですから、


そこに「これだけ凄い地位を
持っているのだぞ」
という地位からくる自信が
増えるだけです。


しかし地位を持っていようが持っていまいが
関係のない人もいますから、

そういう人たちと関わると
「ぞんざいに扱われた」
と勘違いしやすくなり、
高学歴で能力の高い自分を馬鹿にする
人間、として

「自分よりも低学歴で名声もないのだから
思い通りになるべきなのに
ならないお前のほうが間違っている」
という自分なりの
正当性を持ちやすくなるだけです。