自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の嫉妬

自己愛性人格障害者の嫉妬は

普通の嫉妬とは少し違います。

 

 

普通の人の嫉妬とは独占欲から来る

「とられたくない」という気持ちと、

「自分の思い通りにならないのでは」という

不安と怒りのようなものが入り混じった

感情です。

 

自己愛性人格障害者は、

その振る舞いからとんでもなく嫉妬深くみられることが

非常に多くあります。

 

別れたあとも非常に執着心が強く、

交際中婚姻中も執拗に行動を制限し、

周りにいる人間を罵倒するからです。

 

 

ですが

被害者がもし浮気や不倫をして

それを強く非難したとしても、

 

いつも被害者の責められるべき点だけを

見つけようとしている

自己愛性人格障害者にとっては、

 

怒り狂いつつ、

「やっぱりこいつは自分よりも

醜い人間だ」

と証明できる出来事になるわけです。

 

 

ですから、

浮気しつつ自己愛性人格障害者の

元に戻るなら、

「ターゲットのままで

とにかく責められる点を見つけた」

ことになるので、

ターゲットとしての評価は下がりません。

 

 

普通の人の嫉妬とはここが異なります。

 

 

ですが、「浮気・不倫したうえに

相手が戻ってさえこない場合」。

 

自己愛性人格障害者は

浮気や不倫の事実がなくても、

自分が嫌われたとは認めたくないので

あいつがどうせ浮気して逃げていったんだろ!

と言いふらして

「相手が不埒なせい、自分は悪くない」ことにしますが、

 

本当に浮気したり不倫したりして

出ていった事実があると、

認めたくないからこその言い訳でもなくなって

しまう上に

自分のターゲットを他の人間のせいで失うことになるので、

 

「制裁する十分な理由がある」と、

二人に危害を加えようとすることも

少なくありません。