自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者とうつ病

自己愛性人格障害者は、

万が一自覚したとき、自分の異常性に気付き

ぼろぼろになりうつ病になる場合がありますが、

 

 

基本的に自覚のない自己愛性人格障害者は

ぼろぼろに見えたとしても

「非定型(新型)うつ病」として診断されることが

多くなります。

 

 

非定型うつ病というのは

従来のうつ病とは違い、

 

うつ病のように精神的な疲弊は見えるものの

多弁で自分の正当性ははっきり主張し

なぜこうなったかの被害を語るときは

冗舌であり、

 

抗うつ薬の反応が悪い、などが徴に

挙げられます。

 

自罰的なうつ病に対して、

非常に他罰的で自己を省みない傾向が

多いのも非定型うつ病の特徴です。

 

 

自己愛性人格障害者が

うつ病を自分で訴えにいくときは、

大体はうつ病という診断を得ることで

なにか本人に得があるときです。

 

「不当解雇されたので、裁判でいかに自分がぼろぼろに

されたかを証明するため」とか、

「配偶者が出ていったので今の精神状態を

見せ付けるため」とか

そういうことになります。

 

 

「自分が被害者である」ということの

証明の一つとして、

うつ病であるという診断を欲しがることが

多いのです。

 

 

普段病院や医者を馬鹿にすることがあった

自己愛性人格障害者でも、

 

こういうときは「医者が言うんだから間違いない、

医者という立派な立場の人間が

嘘なんかつくはずないだろう」と

モラルを盾にすることが非常に多くあります。