自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者にとっての悪口

自己愛性人格障害者のそばにいると、

「なぜこんなに悪口が次から次に

出てくるのか?」と思うことも

多いかと思います。

 

 

言っている相手がターゲットなら、

誰の悪口を言っていても

悪口の内容はかなり辛辣なものなのに

なりやすいです。

 

「あいつは犯罪者」

「人間のクズ」

「生きていてもしょうがない」

 

などです。

 

 

ただ言っている相手がターゲット以外の場合は、

「あいつは犯罪者」「クズ」と言ってしまえば

自分の人格が疑われるのが分かっているので、

 

「あの人はこういうことをする人間ですよ。

まさかそんな、と思ったのですが・・・

裏切られるとは思いませんでした」

 

と、相手が勝手に

「そんなひどい人間なんだ」

と思ってくれるように話します。

 

 

自己愛性人格障害者にとって

悪口とは印象操作でありつつも、

「それくらい酷い人間でいてくれたほうが

都合がいい」

相手でもあります。

 

自分が不愉快になることを、

自分の責任でなく

誰かの落ち度にできるということは

本人にとっては助かるからです。

 

 

ただ、そのかわり

自己愛性人格障害者にとっては

「自分のせいでなく、あいつのせいだ」

と思える相手がいることは責任転嫁ができ

助かると同時に怒りは相当なものになるので、

 

「あいつはクズだ」と思いこめば思い込むほど

相手に対する憎しみが増えていきます。

 

社員へのモラハラが原因で解雇処分をくらえば、

自分がモラハラをしたことではなく

社員や解雇した人間のせいと思い込む必要があり、

 

そのせいでどんどん憎しみだけが増え続け

また悪口によって今度は解雇した人間や組織自体の

評価を下げるよう、印象操作を繰り返していきます。