自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

人を追い込むのが得意な自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者は、

人を追い込むことに非常に長けています。

 

 

「嘘」を巧みに使うこと、

そして一人の人間を孤立させるための

印象操作、噂を立てる、ミスや悪事を作り出すなど

あらゆる手法を

躊躇なく使えるからです。

 

まるで罪悪感を覚えないところは、

サイコパスに似ています。

 

サイコパスと違うところは、

自己愛性人格障害者はその貶めようと

している相手に対して

 

思い通りにしてやりたいという

強い意志・恨みと、

そう思うに至った動機があって、

 

その恨みも動機も隠したままで、

「あいつがミスをしたから」

「あいつが自分を裏切ったから」

「あいつはこういう人間だからそういうことを

してもおかしくない人間、

自分はこういう人間だから信用に足る人間」

 

ということを常に周りに発信し、

孤立させていきます。

 

それでも自己愛性人格障害者の

恨みの念は消えません。

 

 傷つけたところで、相手の傷がどんなものか

理解しようともしないし理解できないからです。

 

だから傷つけたい、

恨みを晴らしたい、

どうにかしてやりたいという

気持ちだけがどんどん募り、

攻撃しているのに解消されないままになります。

 

自分が追い込んでいることに気付かず、

自分が追い込まれたのだと根拠もなく

思い込み、

 

ひたすら執拗な攻撃を繰り返してしまうのです。