自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者が悪魔にみえる理由

自己愛性人格障害者に対して

激しい憎悪を抱く被害者も少なくありません。

 

 

それは、自己愛性人格障害者が

本当に人の心を持っているとは思えない

瞬間に出くわしているからです。

 

 

しかし、大抵の人は

自己愛性人格障害者と聞いても

ピンとはきません。

 

自己愛性人格障害者の多くは、

外からみれば「普通の人」と

なんら変わりないからです。

 

DV・ストーカーのイメージにあるような

人間ではありません。

 

あからさまなナルシストの典型例なわけでもなく、

どこからどうみても悪人という風貌をしている

わけでもなく、

オドオドしているわけでもなく、

冷静沈着・冷淡に見えるわけでもなく。

 

 

サイコパスなら

「人に対する良心」のようなものを

表出すら意味すら持たないので、

 

被害者に対しても

「謝れって何を?お金が必要なの?

反省って?そういう言葉が欲しいなら

そうするけど何か意味あるの?」

と言ってのけますが、

 

自己愛性人格障害者は

「良心」を見せたほうがいい場面では

いくらでも良心を見せるわけです。

 

 

特に最初はこまめに尽くし、

こまめに言葉をかけ、

配慮し、行動してくれます。

 

どこからどうみてもそれは

疑いようのない気配りですが、

 

「本当は情を感じていない」

というところは

なんら変わりありません。

 

 

ですから、表面はコロコロと変わりながら、

「謝れってなに?

反省って?」

という心根の部分はサイコパスと

同じなわけです。

 

もっと言うと被害者に対して

「お前こそが謝り反省し

改めろ」と言ってのけます。

 

ついさっきまで反省の涙を流していたかと

思えば、

思い通りにならないと思えば数分後には

「こうするのが人としての情だろ!」

と怒りを押さえられなくなってきます。

 

 

「モラル」の仮面を被った悪魔で、

その素顔をターゲットにだけのぞかせる、と

言ったほうが分かりやすいでしょう。